本文へ移動

SDGsの取り組み

SDGsとは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月、「国連持続可能な開発サミット」がニューヨーク国連本部にて開かれ、国連加盟国によって採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
貧困に終止符を打ち、地球を保護し、全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指し、17の目標と169のターゲットで構成されています。
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
 
北日本建設株式会社は、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していくことが重要だと考えます。現在も、事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、それらの解決に向けたサービス展開をしていきます。
引き続きこれらの課題の解決に向けた事業を積極的に推進していきます。

私たちのSDGsへの取り組み

北日本建設株式会社では「住み続けられるまちづくりを」を軸に「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」
「働きがいも経済成長も」「つくる責任つかう責任」に対する目標を実現するために取り組んで参ります。
 
・高性能、健康住宅がもたらす効果
  住まいは、住む人の健康だけではなく、自然環境にも大きな影響を与えています。
  段差もなく手摺の確保など、ハード的なバリアフリーはもとより、家全体に温度差のない
  温熱的バリアフリーも重要な要素となります。
  高気密、高断熱の住宅では省エネを実現することが可能になります。我が国のエネルギー自給率向上、
  燃料単価増になることで家を手放す事態を防ぐ、
  自給できるエネルギーまたは、少量のエネルギー輸入で成り立つようにするなどの効果がもたらされます。
  我々は、住む人が快適で健康に暮らし、その住宅が100年を超える長寿命となるようにと、
  高気密・高断熱の高性能住宅を提供していきます。
 
・高性能、健康住宅の普及活動
  住まいとは、作り手の側の想いや技術だけでは成り立ちません。
  そこに住むお施主様が末永く満足し、幸せで健康に暮らせることが大切なことです。
  北日本建設株式会社は、地元の地域に根付き、施主の間近にいる工務店です。
  地域の気候風土を熟知し、メンテナンスにもすぐに駆けつけられる家の町医者的存在です。
  我々は、家づくりを計画中の方々に向けて、高性能・健康住宅についての情報発信のため
  「後悔しないための賢い家づくり勉強会」を定期的に実施しております。
  我々は、お施主様にいつまでも末永く、悔いのない家を提供できて、そのお施主様が
  北日本建設株式会社の営業マンとなってくれる家づくりを実践できるような、
  情報発信を行っています。
 
 
http://www.with-life.co.jp/dsadmin/files/libs/1328/201706161038478210.png?1497577129
TOPへ戻る