R+house3つの特徴

Concept1:アトリエ建築家との家づくり

間取りは幾つ必要なのか?リビングは何畳必要なのか?などの一般的な家づくりとは違います。
住まわれる方がこの家で、「快適にどのような暮らしをしたいのか」を理想を追求していきます。
実用性が高く、尚且つこだわりがある家は、費用面にて高額なイメージがありますが、そこを実現可能にしたのが、アールハウスプラスのアトリエ建築家なのです。
【建てるプロ】であると同時に、【住まいをつくるプロ】であり続けたい。
だからこそ、限られた予算の中で、どれだけお客様の家族構成やライフスタイルを叶えていくか、あるいは将来を踏まえた設計でどうやって予算に収めていくのかを実現していくのが私達の仕事なのです。
 
 

Concept2:優れた3K 「高気密・高断熱・高耐震」

高気密・高断熱

快適な住まいの条件の一つに、「部屋の中が常に適温に保たれていること」が挙げられます。いくらデザインが優れている住宅でも、夏は暑くて冬は寒い住宅では意味がありません。
理想的な“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を実現するためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高断熱性」を確保することが大切なポイント。そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、「高い気密性」を併せ持つことも重要になるのです。R+houseには、そのための工夫がいたる所に施されております。快適な暮らしは、光熱費も抑えられる家計にうれしいつくりです。

高耐久

木造住宅の「木材」は、非常に耐久性に優れた建築材料なのです。その木材の耐久性を低下させる何よりの大敵は、壁の内部で発生する「結露」。
結露を防ぐためには「気密」「換気」の要素が必要不可欠です。特に計画的な換気によって、湿度をコントロールすることが重要になります。
R+houseでは高い気密性と正しい計画換気を実現していることに加え、万が一結露が発生しても、木材にダメージを与える前に水蒸気として逃がす構造をとっているのが特徴です。これによって、耐久性の高い木造住宅が実現するのです。

Concept3:耐震性に優れた強い家

構造専門の建築士が厳密なチェック。

R+houseでは、構造専門の建築士が耐震構造をチェックいたします。

CEACK1:建物への荷重

建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。

CEACK2:風圧力

台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。

CEACK3:地震力

地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。

CEACK4:接合部の確認

外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。

CEACK5:基礎の設計

建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。

CEACK6:偏心率

建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。

「面」全体で力を支えるパネル工法。

R+houseは、オリジナルのR+パネルで“面”全体を支える「パネル工法」を用いています。
 面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。
http://www.with-life.co.jp/dsadmin/files/libs/1328/201706161038478210.png?1497577129